当ブログの「露出」について…「カメラ向け」

私の考える「露出」は、3通りあると考えています。

 

一つ目は「公然猥褻」。

公然猥褻的露出2

CMNF公然猥褻的露出2

二つ目は「非公然猥褻」。

非公然の露出3

非公然の露出3

そして三つ目は「カメラ向け」。

カメラへの露出1

カメラへの露出1

これは、言い方を変えれば「ヌード撮影」とも言えます。

ですが、カメラに向けて「見せている」以上、「見せる」「見られる」という露出プレーの醍醐味が存在する…と解釈して楽しみたいと考えます。

 

モデルの女の子は、「見られる」ことが分かっていますし、「見せている」わけです。

少なからず、「見られている」ことは、意識しているはずなのです。

そして、ユーザーである私たちも、見せつけられているのです。

 

そしてこういった場合にも、「フェチ」が関わってきます。

カメラへの露出2

カメラへの露出2

同じように見えますが、足裏が見えます。

足裏フェチには、嬉しいショットなのです。

 

コスプレが好きな人には、着ているもの・穿いているものがあった方がいいものです。

カメラへの露出3

カメラへの露出3

カメラへの露出4

カメラへの露出4

これが、「+フェチ」の効果です。

さらに「見せつけ」としては、オナニーなどもあります。

カメラへの露出5

カメラへの露出5

カメラへの露出6

カメラへの露出6

「撮られている」「見られている」ことを、意識していない筈がありません。

ということは、そこには「見せる」「見られる」という露出の醍醐味が存在すると考えるわけです。

 

現在のAVでは、「公然猥褻」の露出作品は、ほとんどリリースできない状況です。

でも、「非公然」と「カメラ向け」は制作可能であり、実際リリースがあります。

 

期待できないもの・不可能なものを求め続けても無駄というものです。

自分の発想を変えて、「露出プレーの醍醐味」を別の角度から楽しんだ方が得というものです。

 

この発想が、自分以外の人たちに受け入れられるかどうか分かりませんが、私なりの楽しみ方です。

したがって当ブログでは、女の露出に関しては、「公然」「非公然」「カメラ向け」の3種類で分類していこうと思っています。

2018年1月18日 当ブログの「露出」について…「カメラ向け」 はコメントを受け付けていません。 雑記